会いたくても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
数茶碗の打ち合わせ
29日、数茶碗の打ち合わせに行ってまいりました。(松川先生、千引さん、ボクの3人です)

千引さん記事より以下引用

数茶碗
 千引は裏千家のお茶を習っている。知人の信楽焼作家、松川広巳さん。数茶碗とは大寄せの茶会など、大勢の人に薄茶を出す折に使うものだが、前から欲しいと思っていた。松川さんに焼いてもらい、benさんの絵の入った茶碗を作ってもらうことを思いついた。ボクの立ち位置でしか出来ない依頼仕事である。千引お好み。この依頼を松川先生とbenさんにすると双方受けてくれた。出来たら、嫁と子供のいない山口家の家宝にする予定だ。
 11月29日、どこまで進むか分からないが、始まる。松川先生、ご多忙なのに受けてくださって有難うございます。benさん、10個の茶碗に、10話を考えてくれるそうだが、そこまで頑張んなくていいよ。キャラクターだけで十分うれしい。
 乞うご期待。期待しているよ。



報告です。
松川広巳先生の作品・人柄に感銘を受けて帰ってまいりました。(お会いするのは今回が二度目です)
しがらき焼についても、とっても勉強になりました。
大変いろいろなアドバイスをして頂き、絵付けの方向性も決まりまして、あとは緊張でプルプルと震える手をなんとか克服し、絵付けにのぞむばかりです。

やるからには、もってくる
集中力をとぎすます 持続する
しっかりとした世界観をもつ

頑張ります。ben

千引さん、このうえない機会をつくって頂きありがとうございます。


benの穴蔵
年内でこの穴蔵ともお別れです。


秋が来た。木の葉は散り、君の額は蒼ざめた。今は別れるべき時だ。

by ウィリアム・バトラー・イェイツ


....チャンチャン。




11/30 16:27 | benメモ | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。