会いたくても
作品No.7  「ハーメルン」
ハーメルン

"ハーメルンの笛吹き男”というお話がありますが
中世のヨーロッパでほんとにあった出来事だったとは、知りませんでした。
それを思うと、ちょっと怖いんですが
この絵の中の”笛吹き男”は町から花を連れてってます。
花達が、楽しく踊っているように見えます。


制作年代 1996年
ワトソン紙
アクリルガッシュ


参加しています→FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ

11/19 19:45 | リトルウィスキー村追跡の旅シリーズ(絵) | CM:2 | TB:0
ハーメルンを探しに(笑)、久々にずーーーっとゆっくりコチラの作品眺めていました。で、ついつい多数の作品もまた見入ってしまって.....。
そしてしみじみ「出会えて良かった!」と思っていたのでした。
前に見たときとも、また感じが違って見えたりと、やっぱり何度も
見返したいなぁ~、と思いました。
そっかぁ!この絵だったのですね。
きっと前見たときは、ハーメルンをハーメルンと私が意識しないでいたから、気がつかなかったのかもですね(すみません)。リト村にあったのですね!
花がついて行くハーメルン、benさんのハメルンは優しいですね!
まだ、怒ってない時?!(笑 : 怒るとコワイハーメルン)
探しに来てよかったです(^^)。

ben美術館でbenさんの絵に出会って私の中で”絵描きさん”って心から呼びたい方と出会えた喜びは、この上ないのです。ありがとうございます。benさんもkouさんも遠くからですが応援しています!


あ、はなたまさんのご縁、こちらからです!ありがとうございました。
kouさんがお好きな絵ということで見に行ってそのまますっかり虜です。(^^)
ありがとうございます!!!!!
実はリト村の中でも「ハーメルン」は1番と言ってもいいぐらい
好きなんですよね。なんか好きだな、はずせないな、という感じで。
「道長く~」や「夕陽」なんかに比べると、ちょっと地味なんですけどね。

嬉しくて、もう感動です。
ben美術館はまつこさんに見つけてもらって幸せです~(涙)
ありがとうございます。何回も言ってしまいます。
benさんもすごく励みになると言っています。
ありがとうございますー!!!!

はなたまさん、いいですよねー(^^)
やっぱり、まつこさんとは気になるものが同じだ~(嬉)
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://benbk.blog44.fc2.com/tb.php/8-8cda5e1b
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved