会いたくても
帰って参りました。新作「WILD 9」について
屋外制作より帰って参りました。
汚れた身体を洗って、ようやくひと心地つきました。ちょっと制作時の熱はちょっと残っているようですが...。
明日より、ben美術館は平常通りとなります。


結論から話します。
僕が自覚するキャリアの上で、非常に重要な位置に立つ作品群となりました。
F30号 9連作品
タイトル
"WILD 9"

正直な話、僕は6月個展予定の作品(展示未発表)を変更して、新作に取り組みました。
個展タイトルも、
"wild night is calling ben"
このタイトルは、そのまま僕が作品に十年くらい前から入れているサインです。
よく、リトルウイスキー村追跡の旅、(旅人シリーズ)に、このサインを入れているので、何故って聞かれることがありましたが、好きだからとしか答えられませんでした。
でも今、正面切って言い直せば、wild night is callingとbenという言葉をひっくるめて、僕名義なんです。なんとなく好きだからの言葉ではありません。
ようやくミュージシャンがアルバムタイトルに自分の名前を使うように、
僕もやっと、自分のサイン名義の個展を打つことができるようです。
またくり返せば、ようやく、ある地点にたどりつけたのかもしれません。
いろんな、いろんな必然がからまって...。
出石芸術百貨街、CUEカフェさん展示に「カイヒ」を用意したこと。
「カイヒ」はF60号の3連で屋外制作です。
そして、「カイヒ」の先に、「WILD 9」が待っていました。
カイヒは僕の中で、SOUN TRAVELS IN SILENCEシリーズから生まれた異端児と言ってよかった。
しかし、”カイヒ”の中にこそ、wild night is callingが潜んでいたんです。
それになんとなく気付いたのが、今月のほんとうにあたま。
僕は予定の作品で行くのか、新作に取り組むのか迷いました。個展一ヵ月前になって新作に取り組むなんていう習慣はありませんから。ましてや、創造意欲が立ち上ってくるのかと。
でも取り組んだ。
あったんです。必然的に、このために。僕は今年になってから絵を描いていない。ほとんど半年。
2月か3月に、 benメモで、「いつか爆発しますんで、期待して下さい」書いたことも今思い出しました。
で、自分に問うと、いけると言う。それで作品も出来ていないのに、小品を使って先行告知をブログで打った。
逃げ道をなくすために。
でもそれだけでは、まだ不十分だった。
たっぷりと、創作意欲はあっても肝心の僕が、その時あやふやというか。
全くの独学で描いてきても入らぬ価値観。入らぬ作法。入らぬ決まり事が、純粋な創作を邪魔することがあった。
そう、純粋性。36歳になって、絵に関わらず、大にしろ小にしろ不純なものも受け入れていく。生きていくために。それが、絵に反映していないとは、正直言いきれない。
しかし、絵だけは。今回は、完全なる純粋で取り組みたかった。
言ってみれば、作家としてのスタートポイントにもう一度立ち戻りたかった。
または、作家としての限界点に立ちたかった。または臨界点に立ちたかった。または作家としての境界線上に立ちたかった。
全くの描くだけだった、絵だけがたまっていくだけだったころに、いつか誰かに飾ってもらえれば、うれしいと純粋に思っていた頃に。まるで、誰かにプレゼント・ギフトを送るような気持ちで本当に描いていた時代に。
そのために今回、もう一つ制作に入る前に先行して決めたことがあります。
それは、「ただ、あなたに絵をあげたいだけなんです」その心決めです。


結果、僕は渾身の作品を作ることができました。
自分でいうのもあれですけどね(笑)
納得、正面切って、"wild night is calling ben"です。
”WILD 9”です。九つありますんで、抽選にはなりますけど、9人の必然なるあなたに差し上げます。それで、あなたの家かどこかに飾ってもらえるとうれしいです。

そのため、今回のSYNERGY73での展示、連作としての”WILD 9"展示が最初で最後と思われます。最初で最後の連作展示。どうぞゆっくりご覧になりながら応募も同時にどうぞ。
もし、欲しい人が一人もいなかったら、それはそれで、どこかでまた展示販売しますよ(笑)

正直今となって、惜しいかと言われれば、
惜しいに決まっています。僕は"WILD 9"自信ありです。
でも今更です。今回制作に出る直前。自分にこうハッパをかけました。

ため込むのなら、
燃やしてしまった方がずっとキレイだ

それではです。また、明日にでも制作時の話なんかお伝え出来ればです。ben

ポチっと押して頂ければ、感謝です!!→にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ にほんブログ村 美術ブログへ FC2 Blog Ranking
いつも、励みになっています。感謝!感謝です。

05/07 19:38 | benメモ
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved