会いたくても
個展中ですが、ちょっとリラックスして、お話。
ben(メモ)
少しリラックスして、なにか話しましょう。ちょっとしたことを。
今、パソコンから流れている音楽は、ティム・ジャニスという女性のシンセサイザー奏者のアルバムです。故ダイアナ妃のドレス展覧会の音楽を担当したことでも知られる人だそうです。

ダイアナ妃。英国。リラックス...寝るな(汗)

以前、約一ヵ月英国は、ロンドンにいたことがあります。正確に言えば、1993年、16年前のことです。僕は21歳になったばっかりでした。
その時のことで何か触れることにしましょうか。

寒い季節でした。
夕方、ヒースロー空港に着いても、耳鳴りが続いていました。
着陸の際の気圧の変化に、体が順応しなかったからだと思います。

あっという間に、辺りは暗くなっていきました。
着いたその足で、ロンドン市内の予約をとったホテルに向かうことになっていました。
地下鉄に乗り、ロンドン市内へ。

初めての外国です。英会話もできません。
地下鉄の乗り換えをしているうちに、どの列車にのればいいいのか分からなくなってしまいました。
人に聞こうにも、英語でどう聞いたらいいのか分からない。もう半分、子供時代に戻って泣きたいくらいの心情でした。でも聞かないことには、どうにもならない。
何を言ったのか思い出せませんが、不安一杯で、数人に声をかけたのを覚えています。
ホテルの最寄り駅名をただひたすら声にしたのかもしれません。

”運良く親切な人に助けてもらった”ということにはなりませんでしたが、「これでいけるよ」みたいなジェスチャーをする人がいて、それに救われた結果、どうにかホテルにたどりつくことはできました。

ホテルに泊まって、翌朝。印象に残っていることがあります。
ロビー受付の若い女の人に、この地の通貨、ポンドの発音を正されたんです。
女性は何回も、違うよ、「パウンド。パウンド。」だよといい聞かせるみたいに僕に言いました。
僕はイギリスに来てから、ずっと「ポンド。ポンド」と日本式に発音していましたから...。
恥ずかしかったけど、この地に来て、なんかようやく人とコミュニケーションがとれたような気がしたのを覚えています。

~ちょこっと話すつもりが、案外長くなってきました。時間もなくなり、すいませんが、続くです~

僕の~続く~はあてにならならいと、思ってらっしゃる最初の方からご覧のみなさん。大丈夫です。そんなに長くないので(笑)

本日はこれにて失礼致します。ben


ポチっと押して頂ければ、感謝です!!→にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ にほんブログ村 美術ブログへ FC2 Blog Ranking
いつも、励みになっています。感謝!感謝です。

02/23 19:04 | benメモ
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved