会いたくても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
(仮)汽車は行けども過程26
汽車行け過程26拡大
ben(コメント)
ビンの描写を進めました。
もう少し、変更します。
なんていうか、描写的にうまくいっても、画面になじむことができていても、
自分の求めるイメージとズレがある場合は、納得いかないんですよね。

まあ、それが”こだわり”という言葉で置き換えることができるかもしれませんね。

僕benの、こだわりとは、なにか?

もうそれは、自分の価値観だったり、考えだったり、趣味、世界観ですね。
早い話、それを世間では、センスと言われることもあります。

「僕のセンスではない」

僕にとって、こだわりを見せる時っていうのは、そんな時です。

いくら高価な服でも、いくら似合っていると言われる服でも、
本人が自分のセンスと違うなと思えば、自然と拒否反応をおこす時ってありますよね。

僕は正直な話、服や食べもの、人間関係などなど。普通に妥協をします。
それが、人生だとも思っているくらいです。

しかし、絵に関しては。
隅から隅まで、自分のセンスが織り込まれていないと、納得できないんですよね。
僕が、広告などに使われる絵、商業的な意味合いでのイラストレーションまたは絵画が苦手な理由は、そんなところにあります。

よくよく考えたら、何故?僕は、そんなに絵にこだわっているのか?
それは、20歳の時。
1992年~93年にかけて。
旅をしながら、20歳なりに人生について、考え事をした結果なんですね。
今も思い浮かびます。
20歳の時。
リュック一つで、ただひたすら、これからの事を考えながら、歩きの旅をしている自分が。
おせじにも、褒められた風貌ではなかったですが。
どこをこすっても垢が大量に出てきたことを思い出します(笑)

なんでこんな話になったのか?皆さんお分かりですよね。
本日は、成人式。成人を迎えられた方を祝う、おめでたい日です。
と言っておきながら、僕benは成人式に出席してないタイプの人間でもありますが...(笑)

本日は、こんなところで失礼致します。ben



ポチっと押して頂ければ、感謝です!!→にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ にほんブログ村 美術ブログへ FC2 Blog Ranking
いつも、励みになっています。感謝!感謝です。

01/12 19:40 | 「会いたくても汽車はゆく」 制作過程
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。