会いたくても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
作品No.269毎日原画 5月31日「トム、ペンを握る」
トム、ペンを握る


ben(コメント)

毎日原画最終日の絵は、「トム、ペンを握る」です。
後ほど、先日分もあわせ、コメント致します。
よろしくお願い致します。

~十五年の月日を監獄で過ごした後、一般生活に戻ることができた。

 最後の盗みと決め、ふたたび家屋があった湖のほとりに潜入し、雑木林で栗の木をみつけた。栗の木の下から、腐食が進み黒ずんだ木箱を掘り起こす。
 箱をあけてみると、七枚の絵は全く痛んでいなかった。大黒柱用に所持していた防腐剤を入れておいたが、それが功を奏したのだ。

 最後の盗みに成功し、七枚の絵を持ち帰ると、絵を眺め、文章を読んだ。そのくり返しの毎日だった。
 
 いつしかペンを握り、文章を書き写し、自分の感想を小文にして足すようになった。そうして出来上がったものが本書である。~

”七枚の絵、 七つの話”「本書完成」の文中より。

ちょっと長めの引用になりました。
これでとりあえずは、第二期毎日原画は終了となります。
当初は、七枚の絵のシーンと、ふだん通りの毎日原画(実際に部屋に飾られるということを前提に描いたもの)をまぜこぜに発表しようと思っていたんですが、結果は14枚全て七枚の絵のシーンになってしまいました。
そのため、かなりマニアックな題材の絵のオンパレードになりましたね(笑)。
いつもは、動きを少なめて画面を構築をするんですが、小説のシーンということで、結構登場人物が動き回ってくれました。
途中で、「もろ挿絵的だな。うっ...漫画的になってきたな」とも思いましたが、挿絵だって、漫画だってもちろん絵といえば絵だし、あんまり自分をカテゴライズするな、
「もう出来上がったものは、出来上がったもの。
自分が描いたものじゃないか。しょうがないんだ。
これが自分の絵です。
これを自分が描きましたと自分で言えー」と、半ば混乱しながらも自分をたきつけながら描きました(笑)

こういう時に、マスターkouからアドバイスを頂きたいのですが、マスターはつらつらとこう言うばかりでした。
「いけよ。パダワンbenよ。己のはしごをもっと繋いでのばせ。はしごのてっぺんには変わらず無が待っているとしてでもだ。それでも伸ばせ。伸ばしつづければいずれは分かるだろう。下を見れば怖くて降りられないことに。だから登るしかないのだ。はしごを繋ぎ登り続けよ。そして気づく者は気づく。見つけるものは、見つける。いにしえの者たちが繋ぎ伸ばし続けた高き高きはしごに...それが希有な高み。無の先の無」

最後の絵は、トムが”七枚の絵、七つの話”を執筆しているシーンです。
このシーンから、本を世に送り出すという作業は始まった訳ですね。
大きな窓の外に、空や緑の植物が見えますが、地下自然公園なのでしょうか?
それとももしかしたら、バーチャルなデジタル画面かもしれませんね。

毎日原画を毎日見て頂き、本当にありがとうございました。
明日からは、通常の絵とコメント(なんとなく思ったこと等)に戻ります。
六月にはリト村新作発表していく予定ですので、よろしくお願い致します。


制作年月日 2008年5月31日
画用紙(サイズA4)
アクリルガッシュ、ボールペン、鉛筆、色鉛筆


参加しています→FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ

05/31 13:03 | 2008第2期毎日原画シリーズ(絵)
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。