会いたくても
作品No.264毎日原画 5月25日「少年カビン」
少年カビン

ben(コメント)
毎日原画、発表致します。
正義の味方、「少年カビン」登場です。
強うそうですね(笑)
では、後ほどコメント致します。

~八月の初め、小屋の軒にキイロスズメバチが巣を作ったことがある。巣を取り除こうとしたが、へまをやらかした。額と頬の二カ所を刺され、顔がふくらみ、熱が出て寝込んでしまったのだ。

 ベッドで腫れた顔に水をかけていると、九歳になったやつがやってきた。夏なのに防寒服をまとい、皮手袋をはめ、冬靴をはき、またその上に私の頑丈なブーツをはいている。
「今からハチと戦ってくる」
 やつは怒った調子でそう言うと、透明ガラスでできた大きな花瓶を頭の上に置き、それからすっぽりと首まで被ってみせた。目配せすると外へ出て行った。~

~文省略~

~やりあっている最中、やつはかなり大きな声をはり上げた。花瓶を被っているにもかかわらず、こもった声が私のいる窓際まで聞こえてくるほどだった。
 やつから目を離さないでいると、花瓶の内側が吐く息で少しずつ白くなっていくのに気付いた。
「窒息はしないだろうな?」
 私は急に不安で一杯になり外へ駆け出した。

 やつは私を目にすると、そばに走り寄り、竹ぼうきを強く振り回して、無数のハチを遠ざけた。そして被った花瓶を外し、興奮した口調でこう言ったのだ。
「おじいさんは来ないで。もう一回刺されたら死ぬかもしれない」~

”七枚の絵、七つの話”「秋から冬へ。冬から春へ」の文中から。

老絵描きの少年への思い。
「窒息はしないだろうな?」
少年の老絵描きへの思い。
「おじいさんは来ないで。もう一回刺されたら死ぬかもしれない」
この二人が互いに思う気持ち。やさしさ。
そのシーンを絵にしました。
そしてもうこれ以上僕は、足す言葉をみつけられません。
なんか、言葉を足せばたすほどに陳腐化することってありますよね。
今日はこんなところで失礼致します。

制作年月日 2008年5月26日
画用紙(サイズA4)
アクリルガッシュ、ボールペン、鉛筆、色鉛筆


参加しています→FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ

05/26 11:58 | 2008第2期毎日原画シリーズ(絵)
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved