会いたくても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
1七枚の絵、七つの話
 七枚の絵、七つの話



  第 1 話


  [序文]  八枚目の絵について



 私の名前は、トム・熊谷。四十三歳。
 元泥棒であり、画家兼詩人であり、本書の制作者である。
 出身地は南極大陸地下居住空間、ポーエグ州。地下二十三層目の都市、バタヒ市。熊谷姓が多くて有名な、どちらかと言えば田舎の部類に入る治安の良い地域だ。
 自己紹介はこれくらいにして、序文の趣旨に入ろう。



 七枚の絵はアタッシュケースほどの木箱におさめられていた。
 栗の木の下から木箱を掘り起こすと、木箱の表面は腐食が進み、黒ずんでいたが裏面は痛みがなく、木面がきれいに残っていた。
 木箱の裏に絵を描いた。巻末にその絵を載せる。
 本書の主役は七枚の絵と文章ではあるが、私は私なりに生きた証明として、八枚目の絵を本書に残したいのだ。
 「八枚目の絵だけ、段ボールを使い梱包されている 」と不思議に思う人もいるかもしれないが、気にしないでもらいたい。
 そう遠くない昔、私は自然保護エリアへ盗みの仕事で潜入すると、合い間を見つけては、趣味で落ち葉を拾っていた。
 落ち葉は北極の衛生管理された地下公園でも手に入ったが、人工光のもと紅葉し落ちたもので、私には軟弱な環境で育った大人のようにしか思えず、関心がなかった。そのため、自然保護エリアに入った際には、嬉々として本物の落ち葉を拾い集めていた。
 落ち葉は秘密裏にコレクションし、いつのまにか二千を超える数になっていた。
 描いた八枚目の絵に、集めた落ち葉の一枚を貼ってみた。私はそれが気に入り、私の絵(八枚目の絵)の印刷物すべてに、落ち葉だけはコレクションした本物を貼ることにした。
 しかし、製本所がそれをすんなりとは受け入れてくれなかった。
 製本所は、落ち葉が自然保護エリアで採取された本物だと知ると、南極衛生基本法に記されている「自然保護エリアに生殖する原始的ウィルスの人体感染 」の項目を重視し、落ち葉から、原始的ウィルスの人への感染の可能性があるとして、本物の落ち葉を貼った私の絵だけは衛生上梱包すると言い張ったのだ。
 その上、製本所は「我々は自然保護エリアで取られた落ち葉だとは全く知らなかった」という密約まで私と結ばせた。

「落ち葉がどうして人に危害を与えるのだろう?今は、自然を大切にするという名目のもと、自然との共存を捨て、自然からいかに遠ざかろうかとやっきになっている時代なのだ」

                ワシワシ暦  八二九年 十二月

 追記                                                        
 この序文は製本終了後、私の手作業により、後付けで挿入する。
 これで本書最後の付け足しを書き終え少しほっとしたが、そろそろ逃走準備を始めなければと思うと、体が小刻みに震え、私は大いに笑った。


トム・熊谷


参加しています→FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ アクリル画へ

04/11 11:25 | 小説 七枚の絵、七つの話(絵つき小説) | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://benbk.blog44.fc2.com/tb.php/331-1590b6c1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。