会いたくても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
覚え書き たばこと酒
まあ、たいしたこではないが、たばこをやめて半年くらいになる。
酒もこの際といいたいところ....。
たばこをやめて約6ヵ月になった。
それまでは、1日に二箱以上、40本以上吸っていたので、チェーンスモーカーだった。
今回やめるまでに禁煙の経験は一回。20代半ばに二年程した。
その時の禁煙の崩れは、仕事からのストレスによるものだった。

今回は皮肉にも、たばこを吸うのにストレスを感じてやめた。
もうたばこを吸う自分がイヤでイヤでというところだ。
いろいろ病気も気になってくる年頃だし、部屋はどこもかしこもヤニまみれ。
それと受動喫煙の環境をつくる罪悪感。奥さんにそれがもとで、なにかあったら申し訳ないという罪意識。
そんなこんなが積もりに積もっていたある日。
喉から出血があって病院で診察を受け、家に戻ったところで、スッパと止めた。
たばこの残りをゴミ箱に捨て、はい、これで終わり。

スッパとやめたものの、ニコチン中毒の禁断症状が消えるまではけっこうきつかった。
吸いたくて吸いたくて。でもガムやミンティアや、飴、梅干しなんかをそれはそれは食べてやり過ごした。
口寂しかったのだ。ミンティアに関しては、食べ過ぎた。今ではもういらないが...。
あと最初のうちは、電子たばこもやった。たしかに禁煙にはいくらか役立ったかもだが、今では全く電子たばこも吸いたいとは思わない。

もちろん今でも、たばこを正直吸いたいと思う事はある。禁断症状は克服しても脳がそのときの快楽を覚えているからだ。でも今のところ止められているのは、吸ってまた感じるだろうストレス環境はもうゴメンだという脳の記憶のおかげだと思う。

たばこの次は酒。

実を言うと、こっちの方が先々を考えると深刻な点ともいえる。たばこをやめた分、酒の方が増えた。変な言い訳だが、ほんとうに増えてしまった。もともと、ニコチン中毒者でアルコール中毒者。アルコール飲酒過多による二日酔いはあまりにも身近だった。血液検査の結果も毎回ひどいものだった。病院での問診表にいつもすくなめに一日の摂取量を書いた。ビール四本とかと。それでも多いと先生から忠告を受ける。ほんとは、焼酎の1.8リットルパックが四日でなくなってもなんら不思議ではない飲みっぷりだった。昼間、運転や仕事がなければ、普通に飲んで過ごす。それで体調も悪くなり、鬱気味になっていく。そんな悪循環の流れに嫌気はさしていたが、惰性で飲んで時をやりすごしていた。

そんなある日のことなんですね。俺って酒の量を減らせるんだろうかと思ったのは。もう深刻に連続飲酒の世界に入ってしまってはいないだろうか?ちょっと少なめてみない?できるかなと....。
それで酒に関していろいろ思ったところです。俺ってもう実は酒に嫌気がさしてない。もうウマいなんて思ってないでしょ。確かにたばこを吹かしながら酒を飲むのは、良かった。美味しかった。二つはパックと考える方だ。
でも今じゃ、たばこ吸わないし、へたに酒に強いから酔っても酔えなくても量だけは飲んじゃうだけ。しかも今年になってからは、焼酎の牛乳割りにはまってみたり、牛乳の摂り過ぎだと思えば、ひたすらグレープフルーツで割って飲んでみたり。正直、このごろグレープフルーツ割ににも飽きちゃったし、つまむ料理は選ぶし、だから飲むばっかしだし。

酒に関してはたばこ以上にひどく長く続けている。肝臓を休ませるということが今まで記憶になかった。

そこでつい先日からできるかどうかやってみました。禁酒ってやつを。完全禁酒ではないんですけどね。一日の酒をビール一本か二本まで。
やれば、できるもんだと、少し建設的な気持ちに浸れております。酒を減らす方法は、飲みたくなったら食う。腹を食い物で一杯にして、アルコールを入れるすき間をなくす。

これはね...本当ののんべは少しでも長く効率よくアルコールの酔いを持続したいから、あんまり食べない。つままない。胃が荒れてしまわないくらいに乳製品なんかつまみ飲み続ける。
飲むのにたくさん食ってしまったら、飲めない、酔えない。それでも飲めば、酔えないわりに胃と腸がぐたぐたにモタレる二日酔いになるだけ。まあ、食わずに飲むのも最終的に胃や腸が荒れてしまうんだけど。というのを経験的に知ってるから、逆に利用しちゃった訳。

食い過ぎになって多少太るかもですが、酒の飲酒過多よりは、健康的だと思う。
いやいや、トータルでのカロリー摂取だったら、どんなに食っても酒を飲んでた時よりも低いような気がしてきた。もしかしたら痩せるかも。

まあとにかくだ。酒にも飽きてきたところ。減らすだけ減らしてみてみよう。

まあとにかくだ。酒もたばこも全くやらない人がいる。俺も中学生のころまでは、そうだった。なくても全然平気だった。必要なかった。

今となってはあのころが、懐かしいのやら面白みがなかったのやら、幸せだったのやら。よく分かったようで分からん時代だった。

酒を飲んで寝る習慣から脱却したためか、やたらと早く目が覚めて早朝からこんな長文を書いてしまった。おい、大丈夫か?そこの人。...俺のことか(汗)
08/21 06:00 | benのひとりごと
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。