会いたくても
旅絵の紹介をしなくては!!!no132(2mくらい引いて見られても面白いと思います)
096月23日


6月23日の旅絵

新潟県 糸魚川 親不知 子不知


富山の朝日町から、富山と新潟の県境にある難所の親不知・子不知へ向かう。

泊駅を過ぎたあたりからその雰囲気はしてきた。

断崖絶壁にそってロープを貼り付けたような屋根付きの道がうねって続く。

歩きながら昔の古道の険しさは想像されたが、現代の道は歩くことじたいは、それほどでもない。

ただ、歩道がきれた時には、往来する車に細心の注意が必要だった。

その意味で、徒歩には厳しい道のりだ。

途中、明治以降の旧国道8号線が残されていて散策できる。

展望台があって、そこからの眺めを描く。

昔の人は、断崖下の波打ち際を歩いたのだろう。


この道を歩くのは二度目。

以前は新潟からであり、台風が近づき海が白くしけっていた。

時折空から光りが海を照らした。荘厳な景色だった。

1993年のことである。親不知という名も難所だということも知らなかった。


今回は晴れ。真っ青な海に流れを感じた。水平線の果てはうっすらと白んでいた。


10/29 13:01 | 旅絵の紹介をしなくては!!! | CM:2
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved