会いたくても
旅絵の紹介をしなくては!!!no126(2mくらい引いて見られても面白いと思います)
098月7日


8月7日の旅絵

北海道 えりも岬~広尾 黄金道路


えりも岬までの道のりはすばらしい景色だった。

岬では残念ながら霧が深く、岬からは何も見えなかった。

気温が低く凍えた。

バス停で朝を迎え、出発。

広尾まで約60キロ歩く。

道中、町らしい町がなく食料の補給はできなかった。

クッキーなどの非常食を腹の足しにした。

えりも岬と広尾のほぼ中間に黄金道路とよばれる筋がある。

昔から交通の難所で、歴史的に長い整備が行われてきた。

今では、海岸沿いにいくつものトンネルができている。長いものは、三キロに及ぶ。

描いた絵は、黄金道路に入る手前の地点のもの。

海に切り立つように山岸がつらなっていた。

昔の人は長く入り組んだ断崖にそって苦労しながら通行したのだろう。

広尾の町に着く。神社の敷地内で小さな夏祭りをやっていた。

地元の人達がこころよく輪の中へいれてくれた。

教師をやっていた老人が、歩いて旅をしていることを知ると、こう冗談を言って皆を笑わせた。

「歩いてきたのは、間宮林蔵いらいだよ。ようこそ、広尾へ」

10/11 16:40 | 旅絵の紹介をしなくては!!! | CM:4
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 ben&kou All Rights Reserved